• No.3179411
    匿名

    みなさんは、どう過ごしてましたか?
    私は、マスクも買えなく、家にある布やガーゼを買ってきて、マスクを作ったのと、職場が1ヶ月
    休みになりずっと自粛生活をしておりました。予定よりも早く仕事が再開されました。
    今となっては懐かしいです。

    • 共感0
12件の返信を表示中 - 1 - 12件目 (全12件中)
  • [1]
    匿名

    マスクもアルコール消毒液も、元々沢山あったので、それで過ごしてました。
    毎日手を替え品を替えご飯作り続けていました。
    まだ父が生きていたのですが、血液のガンになってしまった為、窓越しに手を振るために毎日実家に通っていました。
    その頃、相続の約束事の書面にサイン捺印しました。
    辛い思い出の詰まった一昨年でした。

    返信
    • 共感0
    [2]
    匿名

    当時小6だった子供が、明日6年生を送る会ってタイミングで休校になりました。
    そのまま卒業式もなくなり、離任式もなくなり。
    2年連続で担任をしてくれた先生が離任するというので校門で見送りをするだけならよいと許可がおり、みんな集まった時に子供達の中の誰かがスマホを見て「え!!志村けんが亡くなった!!」と言いザワつきました。

    返信
    • 共感0
    [3]
    匿名

    家族が通っている施設職員が陽性になり、家族が濃厚接触者と認定され二週間家から出られなくなり、来ていただいていたヘルパーさんにも来ていただけなくなり
    一人で介護に奮闘してました
    不織布マスクが苦手な家族のために布マスクを作っていたらミシン作業にハマりました
    ようやく施設が再開して一ヶ月後、再び感染者が出てまたしても濃厚接触者認定され、地獄の二週間を過ごしました

    返信
    • 共感0
    [4]
    匿名

    職場が郵便物の管理で出社する人以外全員強制テレワークになった。元々使ってる人は少なかったもののテレワークのシステム自体は整備されてたから意外とバタバタしないですんなりいけた。
    ただし、派遣さんは契約の都合とシステムの権限の都合で2ヶ月くらい自宅待機。給与全額支給。実はかなり羨ましいと思った。

    返信
    • 共感0
    [5]
    匿名

    世界中で取り組んでワクチンや薬がすぐ出来て、1、2年で終わると思ってた。
    日本の製薬会社が凄く良い物を作ってくれると思ってた。

    返信
    • 共感1
    [6]
    匿名

    ギリギリ卒園前の旅行と卒園式が出来て良かったー
    けどその後転勤で引越しからの休校で、家族全員が病んだ
    不安と絶望しか無かったけど、人って慣れるからすごいよね

    返信
    • 共感0
    [7]
    匿名

    最初からなんか変だと思っていたので、何も気にせず普通にしていた。

    返信
    • 共感0
    [8]
    匿名

    子供たちの学校が突然休校になりました。マスクがどんどん品薄になり、店頭から消えて、休日の朝6時半とかにドラッグストアの前に並んで「本日は入荷がありません」の声を8時頃聞いて退散する、の繰り返し。
    仕事は変わらずしてましたが、休日は運動不足の子供たちを連れ出して、おにぎり持って海までウォーキング。海を眺めながらおにぎりを食べて、家に帰ったりしてましたね。悪夢の幕開けって感じだったな。

    返信
    • 共感0
    [9]
    匿名

    看護師ですが、仕事用の不織布マスクが1ヶ月に10枚しか配布されなかったため、使用後ハイター漬けして洗って使い回ししてました。
    高額のマスクを知り合いのツテで買ったりもしました。

    返信
    • 共感0
    [10]
    匿名

    元々花粉症だったからマスクはそれなりに家に在庫あったし、トイレットペーパーも丸々一個在庫してた。
    いろんなお店が品薄になってたけど在庫無くなりそうなころに復活してたから普通に買い物できてた。
    なのに他県の義母がトイレットペーパーやマスクを買い占めて送ってこようとしてきてて苛々してたわ。

    返信
    • 共感0
    [11]
    匿名

    花粉症なのでマスクは買い置きがあったし、夫婦共に事務職なので、第1波から今日まで収入含め何ら影響を受けず、それまでと変わらない生活です。

    返信
    • 共感0
    [12]
    匿名

    ドラッグストアで勤務してました。
    発注してもしても届かないマスクや消毒液。
    まさかのトイペとティッシュの品切れ。
    からのうがい薬や解熱鎮痛剤の欠品。

    次から次へと商品がなくなり、同じことを延々と聞かれ、延々と謝罪する日々に心が悲鳴をあげ、うつ病と診断されました。
    今も治ってません。

    返信
    • 共感0
12件の返信を表示中 - 1 - 12件目 (全12件中)