• No.1137610
    匿名

    家の親は二人とも専門職の公務員で、双方退職まで勤めたあとも同じ省庁で働き続け、60才の退職時には二人で2000万円位の年収があって世帯収入としては高い方だったはずなんだけど。
    なぜか私が子供の頃は貧乏のフリをされて、私自身かなりの節約癖がついたまま大人になった。
    もちろん両親は新卒の少ない給料から徐々にベースアップしていっての最終年収が1000万円だったはずだから、最初から生活に余裕があったわけではないと思うが。

    今でも私は旦那の給料だけでも充分生活・貯金もできるけど、無駄遣いするのは罪悪感があるし住居以外はかなりタイトな出費だと自覚がある。
    同じように貧乏症のかたいらっしゃいますか?

    • いいね0
3件の返信を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • [1]
    推拿かしま

    ここにはいないでしょうねぇ

    返信
    • いいね1
    [2]
    匿名

    両親の職業以外はほぼ同じです。
    子供の頃は常に
    うちにはね、お金がないんよ。と聞かされて育ちました。
    なのでおねだりは出来ない、小遣い欲しいと言えない子になりましたし、季節や記念日の行事なんてほぼありませんでした。
    大人になって振り返ってみると
    いや、うち金持ちやん!と思える生活ぶりでした。
    実はビルを建てられるほど稼いでたらしいです。
    私も主さんと同じような感じで夫の収入で生活・貯金をし、収入が上がっても生活レベルは上げないスタンスです。

    返信
    • いいね0
    2020-02-17 20:53:54[3]大川隆法>>2 幸福の科学に入れよ
    [3]
    大川隆法

    >>2
    幸福の科学に入れよ

    返信
    • いいね0
3件の返信を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)