• No.924295
    匿名

    今から50億年後には太陽が死んでしまうといわれています。太陽は死ぬと小さな青白い星になるのですが、その前に、今よりかなり大きくなります。そのとき巨大化した太陽は、地球を飲みこんで、あとかたもなくとかしてしまうでしょう。その時点で地球はこの宇宙から消えてなくなると考えられています。

    50億年後の地球、どうなっているんだろう。人類はどんな風に進化しているんだろう。

    • いいね0
14件の返信を表示中 - 1 - 14件目 (全14件中)
  • [1]
    匿名

    先過ぎて現実的な想像が出来へんねんけど

    返信
    • いいね4
    [2]
    匿名

    もうその頃居ないからなあ

    返信
    • いいね8
    [3]
    匿名

    進化どころか退化、もしくは絶滅してる可能性もあるよね。

    返信
    • いいね9
    2019年12月16日0時21分[5]匿名>>3 絶滅するとしたら災害とかかな 温暖化で南極の氷全部溶けるとか
    [4]
    匿名

    昔からその話…あったよね。

    返信
    • いいね0
    [5]
    匿名

    >>3
    絶滅するとしたら災害とかかな
    温暖化で南極の氷全部溶けるとか

    返信
    • いいね0
    2019年12月16日0時28分[7]匿名>>5 温暖化も言われてるけど、一方で寒冷化する話もあるよね。 映画にもなってたよね。町が凍っちゃって最終的に地球全部が凍っちゃうやつ。 タイトル忘れた。
    [6]
    匿名

    えー楽しみ!!
    地球滅亡の時に生きてなくて良かったけど、人類がまた復活したら生まれたいな。そして滅亡の瞬間の映像を見てみたい。

    返信
    • いいね0
    [7]
    匿名

    >>5
    温暖化も言われてるけど、一方で寒冷化する話もあるよね。
    映画にもなってたよね。町が凍っちゃって最終的に地球全部が凍っちゃうやつ。
    タイトル忘れた。

    返信
    • いいね4
    [8]
    匿名

    無 だと思う。
    音もしない、風もない、みたいな

    返信
    • いいね1
    [9]
    匿名

    地球のサイクルだと氷河期に向かってるはずなのに人間が温暖化を引き起こしてるらしいよ。
    太陽が終わる前に地球が終わってるかもね。
    あと50年もしたら海水がかなり上昇してそうだもんね。

    返信
    • いいね2
    [10]
    匿名

    海は44億年前に誕生したと考えられています。高温でドロドロだった表面が2億年かけて冷え、水が存在できるまでになったことになります。しかし海は44億年間ずっと存在していたわけではありません。この頃、大きさ数キロメートルほどの天体「微惑星(びわくせい)」が頻繁に地球に衝突しており、その衝撃で海が何度も蒸発したと考えられます。その後、海が安定して存在できるようなった38億年前頃、ついに生命が海の中で誕生したようです。

    返信
    • いいね0
    [11]
    匿名

    哺乳類(ほにゅうるい)が誕生したのは6600万年以降、人類が誕生したのは、ほんの20万年前だそうです。

    返信
    • いいね0
    [12]
    匿名

    地球がそれまで保たなそう

    返信
    • いいね0
    [13]
    匿名

    しくで有名な桑田さんのスレはコチラですか?

    返信
    • いいね1
    [14]
    匿名

    それまでに核で滅んで人なんていないでしょ

    返信
    • いいね0
14件の返信を表示中 - 1 - 14件目 (全14件中)