最新コメントへ
  • No.847956
    匿名

    共感覚を試してみよう!何を感じたか教えて。

    • いいね0
  • [1]
    匿名

    もっと詳しく。と感じました

    返信
    • いいね1
    [2]
    匿名

    ・朧月夜(おぼろづきよ)・
    菜の花畠(ばたけ)に 入り日薄れ
    見わたす山の端(は) 霞(かすみ)ふかし
    春風そよふく 空を見れば
    夕月(ゆうづき)かかりて におい淡(あわ)し

    返信
    • いいね0
    [3]
    匿名

    これを読んで(歌って)感じたことを書いてみてください。
    共感覚を持っていると同じものを感じます。

    返信
    • いいね0
    [4]
    匿名

    ・荒城の月・ 3番
    今荒城の 夜半(よわ)の月
    変わらぬ光 誰(た)がためぞ
    垣に残るは ただ葛(かずら)
    松に歌うは ただ嵐

    返信
    • いいね0
    [5]
    匿名

    景色が見えてくるような詩だな。と思いました。

    返信
    • いいね3
    [6]
    匿名

    >>2
    これは、、、小学生の時習ったけど、なぜか涙がでてくる。
    これが共感覚なの?

    返信
    • いいね1
    [7]
    匿名

    >>4
    6です。この歌は最後の『松に歌うはただ嵐』のとこで涙がでました。
    悲壮感を感じるわけではないのに不思議です。

    返信
    • いいね1
    [8]
    匿名

    感想ありがとうごいます。

    見たことのない景色が見えてきたり、感動したのとはまた違う涙が出てきたり、これは日本人が持つ独特の情緒がその言動力なんだそうです。
    朧月夜の歌は特に、人の感情などはまったく歌っていないのに、浮かんでくる景色やその風景が何か心に触れる。
    それが情緒としての共感覚というわけです。

    返信
    • いいね3
    [9]
    匿名

    すごーい!
    たしかに朧月夜の歌詞で懐かしさを感じたよ

    返信
    • いいね6
    [10]
    匿名

    朧月夜は風の微かな音や空気、匂いを感じた気がするけど、それは共感覚というのかな

    返信
    • いいね3
    [11]
    匿名

    共感覚ってそういうんじゃない気がするよ。

    返信
    • いいね8
    [12]
    匿名

    腹が減りました

    返信
    • いいね0
    [13]
    匿名

    喉が痛いです

    返信
    • いいね0
    [14]
    匿名

    >>2
    2番の歌詞の方が好き

    と思いました。

    返信
    • いいね0
    [15]
    匿名

    >>9
    それは小学校で習ったからだと思う
    もし全く知らないで真っ白な気持ちで読めば
    懐かしさというよりもっと違う感覚だったかも

    返信
    • いいね2
    [16]
    匿名

    言語においての共感覚ってことだよね。
    他にも共感覚と呼べるものはある。

    返信
    • いいね0
16件の返信を表示中 - 1 - 16件目 (全16件中)