最新コメントへ
  • No.709952
    匿名

    ガルスレリレー小説(※一行以上禁止)

    • いいね0
  • [1]
    桑田成海

    なんでぇぇ~💦❓😥

    返信
    • いいね1
    [2]
    匿名

    と、彼女は答えた。

    返信
    • いいね0
    [3]
    匿名

    私はいいねを押すのを躊躇った。

    返信
    • いいね0
    [4]
    匿名

    空が青く澄渡る。こんな日は…

    返信
    • いいね0
    [5]
    ガルスレ子

    彼氏とデートしたい。

    返信
    • いいね0
    [6]
    匿名

    そんな時、幼馴染のマサルから電話が来たのだ。

    返信
    • いいね1
    [7]
    匿名

    通話ボタンを押し「もしもし」と言ったら

    返信
    • いいね0
    [8]
    匿名

    「突然だけど、今からうちに行っていい?」

    返信
    • いいね0
    [9]
    匿名

    「え?いいけど、、、珍しいね。何かあった?」

    返信
    • いいね0
    [10]
    匿名

    「別に!用がなきゃ行っちゃいけねーのかよ!」

    返信
    • いいね0
    [11]
    匿名

    ガチャン!。。。あれ、切られた!

    返信
    • いいね0
    [12]
    匿名

    しばらくすると再びスマホが鳴った

    返信
    • いいね0
    [13]
    匿名

    「来々軒さん?ラーメン2つと餃子1つねー」

    返信
    • いいね0
    [14]
    匿名

    間違い電話は女の声だった

    返信
    • いいね0
    [15]
    匿名

    「ゆみかさん?ゆみかさんなのね?あなたはゆみかさんなのね?」

    返信
    • いいね0
    [16]
    匿名

    その時インターホンが鳴った

    返信
    • いいね1
    [17]
    匿名

    来たのは彼氏の雅治だった。

    返信
    • いいね1
    [18]
    匿名

    玄関を開けるや否や、雅治は謎の言葉を発した。

    返信
    • いいね0
    [19]
    匿名

    「ブッコロリー」

    返信
    • いいね1
    [20]
    匿名

    「まっ、雅治?どうしたの?や!あ・・・!」

    返信
    • いいね0
    [21]
    匿名

    雅治の手がすすっと伸びて…

    返信
    • いいね0
    [22]
    匿名

    体に電流が走ったような感覚がした

    返信
    • いいね0
    [23]

    雅治の右手からスタンガンが見えた

    返信
    • いいね1
    [24]
    匿名

    「まさ、、、はる」ドサッ!!!

    返信
    • いいね0
    [25]
    匿名

    成海は雅治のスタンガンによって倒された。

    返信
    • いいね1
    [26]
    桑田成海

    >>25
    死んだよぉぉ~💫

    返信
    • いいね1
    [27]
    匿名

    雅治「だ、だれが一体こんな酷いことを!!!」

    返信
    • いいね0
    [28]
    匿名

    「それは私よ」電話から女の声がした。

    返信
    • いいね0
    [29]
    匿名

    そこにいたのは雅治のお母さんだった

    返信
    • いいね0
    [30]
    匿名

    母「うちの可愛い僕ちゃんに手を出す女は生かしちゃおけないわ!」

    返信
    • いいね0
    [31]
    匿名

    雅治ママの手から手裏剣が飛んで来た。

    返信
    • いいね0
31件の返信を表示中 - 1 - 31件目 (全31件中)
コメントを投稿する


あと250文字