最新コメントへ
  • No.679348
    匿名

    子宮が大きいと子宮内膜症になりやすいの?

    • いいね0
  • [1]
    桑田成海

    わかんにぃぃ~💦❓😥

    返信
    • いいね4
    [2]
    匿名

    医者に聞け

    返信
    • いいね6
    [3]
    とくめ

    関係ないとおもうよ

    返信
    • いいね4
    [4]
    匿名

    関係ないでしょ。
    子宮内膜症を理解してたらそんな疑問は出ないと思う。
    筋腫ならまだその疑問を抱いてもわからんではないが。

    返信
    • いいね2
    [5]
    匿名

    なんでそう思った?

    返信
    • いいね1
    [6]
    りりな

    >>1
    あんたに子宮ないでしょ?

    返信
    • いいね1
    [7]
    匿名

    どこ情報?
    聞いたことないけど。

    返信
    • いいね1
    [8]
    桑田成海

    >>6
    ひどいよぉぉ~💦❓😥

    返信
    • いいね2
    [9]
    匿名

    >>2
    医者に言われたんです。

    返信
    • いいね0
    [10]
    匿名

    >>9
    じゃあ何でまたここで聞くの?
    医者に詳しく聞けば良いのでは?

    返信
    • いいね2
    [11]
    匿名

    >>10
    なんでここで聞いちゃダメなの?

    返信
    • いいね0
    [12]
    匿名

    >>10
    詳しく医者に聞く患者は嫌われるよ。ハイハイ聞いとけ。

    返信
    • いいね1
    [13]
    匿名

    >>11
    医者以上に知識がある人はここにいないから。
    ここで聞いたって良いけど、間違ってる情報かもしれないし、医学に関することは医療関係者に聞いた方が正しいことを教えてくれるよ。

    返信
    • いいね1
    [14]
    匿名

    食べ物と性格も関係するらしいから調べてみたら?

    返信
    • いいね0
    [15]
    匿名

    子宮内膜症が発生する原因は、はっきりとは解明されていません。
    現在言われているのはあくまでも仮説です。
    子宮内膜症の発症原因の一つとして、月経血の逆流が関わっていると思われています。
    月経血の中には剥脱した子宮内膜が含まれていますが、月経血が膣の方へ流れ出ずに子宮から卵管の方へ逆流して腹腔内へ流れ出るときに子宮内膜も運ばれ、その結果、腹腔内に子宮内膜が付着し生育することで子宮内膜症が起こるというのが、現在子宮内膜症の発症原因として最も有力視されている子宮内膜移植説です。
    もう一つ、体腔上

    返信
    • いいね0
    [16]
    匿名

    もう一つ、体腔上皮化生説があります。腹膜が何らかの原因で子宮内膜に変化し、子宮内膜症になるというものです。
    前者が有力視されていますが、まだ確定されていません。

    返信
    • いいね0
    [17]
    匿名

    子宮内膜症は多くは20代半ばで発病し、35歳位でピークに達します。
    これらの症状は閉経を迎えると卵巣からのホルモン分泌がなくなり、子宮内膜症の症状も治まってきます。
    すなわち、子宮内膜症は生理がある女性にのみみられるわけです。
    ですから、若いうちから何人もお産している女性はかかりにくいといえます。
    近年の女性のライフスタイルの変化による晩婚化、少産化のためにその数は増加しており、我が国では生理がある女性の10人に1人位がかかっているといわれています。

    返信
    • いいね0
17件の返信を表示中 - 1 - 17件目 (全17件中)