セブン、たこ焼きを自主回収 原因は紅ショウガの入れすぎ?

セブン&アイ・ホールディングスは8日、セブン&アイグループ各店舗で販売する冷凍食品「セブンプレミアム とろ~り食感たこ焼」を自主回収すると発表した。

正常な商品と味が異なり酸味の強いものがあるそうで、数は約235万食になるという。

対象となるのは、賞味期限が2019年11月8日~20年10月31日の商品で、「風味が違う」などという連絡が電話などで数件あり発覚した。

原因は紅ショウガの量なのか混ぜ方なのか、はっきりとは分からないが、製造工場で紅ショウガを入れすぎた可能性があるという。